学校生活

2019.07.22

缶サット甲子園 和歌山大会 2位入賞

本校メカトロニクス部生徒が缶サット甲子園和歌山地方大会に参加し、見事2位入賞を果たしました。
缶サット甲子園とは、高校生が自作した缶サット(空き缶サイズの模擬人工衛星)を打上げ、上空での放出・降下・着地の過程を通じて、技術力・創造力を競う競技会です。
従来の競技会のように「定められた技能」を競うのではなく、生徒の皆さんが斬新でオリジナリティーのある缶サットを作り、「coolさ」を競います。

日本では5つの地方大会が開催され、上位入賞チームは全国大会へ出場します。全国大会の優勝者は世界大会の出場が推薦されます。和歌山地方大会には過去世界大会へ出場した高校も出場しています。

缶サット甲子園2019和歌山地方大会の結果は以下の通りです
1位 和歌山県立向陽中・高等学校
2位 大阪電気通信大学高等学校
3位 大阪府立茨木工科高等学校

なお、打ち上げ動画はこちらからご覧ください
(youtubeへつながります。)
青空へ向けて発射されるロケットと、その後のパラシュートの展開を見ることができます。
  1. トップ
  2. ニュース&トピックス
  3. 缶サット甲子園 和歌山大会 2位入賞
大阪電気通信大学への進学
動画で見る大阪電気通信大学高等学校
クラブ活動(電通高には体育系13、文科系9、同好会6があります。)
4年制大学進学率が高い理由
制服紹介
学園創立80周年記念事業募金のお願い