工学科 デジタルゲーム開発コース

パズル、シューティングなどのゲームプログラミングを学ぶ。

併設の大阪電気通信大学 デジタルゲーム学科をはじめ、情報通信系の理系大学・専門学校への進学をめざすコースです。2年次に「情報技術基礎」「電子情報技術」を通してプログラミングの基礎を演習形式で学習。3年次にはその応用として「ゲームプログラミング基礎」に取り組み、パズルゲームやシューティングゲーム等の具体的な設計・製作方法を学んでいきます。

卒業後の進路

  • 4年制大学(情報通信系)
  • 大阪電気通信大学(主に総合情報学部 デジタルゲーム学科、ゲーム&メディア学科)

ほか

デジタルゲーム開発コースの特長

01実際にゲームを制作。
コンテストにも挑戦。

実際のゲーム制作を通して、総合的なプログラミング技術の習得をめざします。また、高校・大学生を対象とした全国規模のソフトウェア創作コンテストにも挑戦し、入賞をめざします。

02保護者と密に
連携しながら指導。

一人ひとりの生徒に合わせた指導を行うため、面談の機会を可能な限り設けています。社会人基礎力の養成を念頭に、出欠や遅刻、提出物の状況についても、保護者と密に連携をとりながら指導を行っています。

03「特別指定校入試・連携コース入試」の対策講座を実施。

大阪電気通信大学 デジタルゲーム学科への進学には、本校だけの「特別指定校入試・連携コース入試」を利用可能です。夏期休暇には、その対策講座も実施。また高大連携授業では最新デジタルガジェット等のプログラミング実習にも参加します。

高大連携の取り組みについて

併設の大阪電気通信大学と連携し、大学の授業や施設での実習を体験・見学。ゲーム・情報分野について理解を深め、大学進学後のイメージを具体化。高校と大学、計7年間の学びを見据えて2年次以降のコースを選択できるように、1年次から高大連携を実施します。

高大連携校

  • 大阪電気通信大学(主に総合情報学部 デジタルゲーム学科、ゲーム&メディア学科)

1年次

大阪電気通信大学見学会

先端マルチメディア合同研究所、3D造形先端加工センター、手術室を模した臨床工学実習室など大阪電気通信大学の最先端施設を見学・体験します。

2年次

高大連携体験講座

大阪電気通信大学(四條畷キャンパス)総合情報学部デジタルゲーム学科にて体験講座を行います。また、現役ゲームクリエイターの講義も行います。本校では、1年で勉強した情報技術基礎の応用として電子情報技術を勉強し、3学期からゲームプログラミングを学びます。

【講義タイトル(例)】

「ゲームクリエイターになるには」「ゲームを作ろう」「デジタルゲーム学科学生作品紹介」

3年次

受験対策とゲームプログラミング基礎

大阪電気通信大学や他大学進学に向けて、英語・数学・小論文・面接など入試対策を行います。デジタルゲーム基礎では週4時間の授業でゲームプログラミングについて学びます。さらにプログラミング技術や課題研究の授業で、モノづくりや研究活動などを実施し、工学の専門性を高めます。

カリキュラム

カリキュラム

画像は横スクロールできます

  • ※は、選択必修科目です。いずれか1つを選択いただきます。
  • 上記は2022年度カリキュラムです。カリキュラムについては変更する可能性もあります。

主な進学先

過去3年間の実績より抜粋

  • 大阪電気通信大学
  • 関西大学
  • 立命館大学
  • 近畿大学
  • 大阪工業大学
  • 大阪産業大学
  • 愛知工業大学
  • 福井工業大学
  • 大阪学院大学
  • 大阪経済法科大学
  • 大手前大学
  • 阪南大学
  • 大阪芸術大学
  • 大阪国際大学
  • 関西外国語大学
  • 東京都市大学

在校生紹介

実践的なプログラミングの実習!

僕は、昔からゲームをプレイするのが好きで、自分でもゲームを作れるようになりたいと思い、その事を専門的に学べるこの学校を選びました。授業では実践的なプログラミングの実習を行い、ゲームの作り方を学んでいきます。友達と意見を出し合ったり、先生にアドバイスを貰ったりなどして、とても楽しく学べています。

大阪市立東陽中学校出身