工学科 理数コース(特進コース)

工学の専門科目を学び、
難関大学進学をめざす。

理工系国公立・難関私立大学への進学をめざすコースです。電子情報技術について学びながら、数学・英語・理科を中心に学力を高めていきます。早朝の0時間目(15分)には、小テストを実施して理解度をチェック。他コースでは6時間目までの授業を、本コースでは7・8時間目まで行います。その他、補講や長期休暇中の特別授業に加え、特別進学講座(有料)も実施しています。

卒業後の進路

  • 国公立大学
  • 関関同立をはじめとする4年制私立大学

ほか

理数コース(特進コース)の特長

010時間目の小テスト
7、8時間目の特別授業で
学力を強化

0時間目の早朝テスト、7・8時間目に英語・数学を中心とした特別授業を開講し、難関大学受験対策を行います。また、放課後や長期休暇中 に特別進学講座(有料)も実施しています。

02積極的に資格の取得などに
チャレンジができる環境

自分たちの興味や関心に合わせて、多くの生徒が検定試験やモノづくりに積極的に取り組んでます。自主的に取り組むことで知識の幅を広げ、また検定を取得することは自信にも繋がっています。

03モノづくりへの理解を
深める専門科目。

工学科の専門科目を通して、モノづくりに対する理解を深めていきます。ここで身につけた「工業の専門性」を活かして、AO・推薦・専門学科入試で国公立・難関私大に進学する生徒もいます。

カリキュラム

教科 科目 1年 2年 3年 合計
国語 国語総合 4 - - 4
国語総合Ⅱ - 4 - 4
現代文B - - 4 4
地理・歴史 地理A 2 - - 2
世界史A - 2 - 2
公民 現代社会 - - 2 2
数学 数学Ⅰ 3 - - 3
数学Ⅱ - 4 - 4
数学Ⅲ - - 5 5
数学A 2 - - 2
数学B - 2 - 2
理科 化学基礎 2 - - 2
生物基礎 2 - - 2
物理基礎 - 3 - 3
物理 - - 3 3
化学 - - 3 3
保健体育 体育 3 2 2 7
保健 1 1 - 2
芸術 音楽Ⅰ (2) - - 2
美術Ⅰ (2) - -
書道Ⅰ (2) - -
外国語 コミュニケーション英語Ⅰ 4 - - 4
コミュニケーション英語Ⅱ - 5 - 5
コミュニケーション英語Ⅲ - - 5 5
家庭 家庭基礎 - - 2 2
普通科目合計 25 23 26 74
専門 数学演習 - - 2 2
工業技術基礎 2 - - 2
情報技術基礎 2 - - 2
電気基礎 4 - - 4
電子回路 - 2 2 4
電子実習 - 4 - 4
電子情報技術 - 4 - 4
課題研究 - - 3 3
専門科目合計 8 10 7 25
特別活動 ホームルーム活動 1 1 1 3
総合計 34 34 34 102
  • 上記は平成28年度カリキュラムです。カリキュラムについては変更する可能性もあります。
  • ( )は選択を表す。

主な進学先

過去3年間の実績より抜粋

  • 豊橋技術科学大学
  • 大阪市立大学
  • 高知工科大学
  • 同志社大学
  • 関西大学
  • 立命館大学
  • 近畿大学
  • 京都産業大学
  • 龍谷大学
  • 大阪電気通信大学
  • 大阪工業大学
  • 大阪産業大学
  • 金沢工業大学
  • 摂南大学
  • 関西外国語大学
  • 桃山学院大学

在校生紹介

団結力の強いクラスです

もともと公立が第一志望で、電通高校は併願先だったのですが、理数コースで合格し、特待生にも選んでいただいたので、通うことにしました。特進コースは、みんな朝から晩まで勉強ばかりしていると思っていたのですが、入ってみるとイメージと違って、毎日笑いの絶えないクラスです。サッカー部に所属していて、毎日は難しいですが、週1回は必ず参加できているので、自分にとってちょうどいい感じかなと思います。工業や情報技術の専門的な知識や技術を学んで大学に進学し、将来はIT関連の仕事をしたいです。

大阪市立菫中学校出身