卒業生メッセージ

進学コース

「高大連携」で、海外の文化や言語に
興味があることに気づきました。

私は高校受験の頃から優柔不断で、電通高への進学を決めたのもギリギリの時期でした。なんとなく進学したので、1年の時は自分が何を学びたいのかを見つけることができませんでした。大きな転機は2年生でした。高大連携授業では、進路と自分の特性について考える機会がたくさんあり、私は外国の文化や言語に興味がある ということに気づきました。その後、志望大学を決めましたが、模試の結果から合格は不可能かと思いました。しかし簡単に諦めるのは嫌だったので、公募推薦入試で受験することを決めました。クラスの大半が指定校推薦で進路を決めた中、友人と励まし合いながら 毎日勉強して、無事、志望校に合格することができました。
みなさんには自分の可能性を決めつけず、高い目標を持って高校生活を送って欲しいです。

進学コース K.Aさん

京都産業大学 文化学部 国際文化学科 合格
追手門学院大学 国際教養学部 国際教養学科 合格

建築家という目標がハッキリしてからは、
苦手だった勉強も頑張れるように。

私は勉強が得意ではなく、公立高校に入ったとしても大学へ進学できるかはとても不安でした。電通高では、定期テストを頑張れば電通大学に行けるし、指定校推薦もたくさんあると聞いて入学を決めました。しかし、2年生になり進路を考えるようになると、自分が将来やりたいことがないことに気がつきました。そこで「翔き」という電通高の進路の情報本を見ていると「帝塚山大学」の「居住空間デザイン学科」に目が止まりました。
小さい頃に建築家になりたいという夢があったことを思い出しました。志望校を決めてからは苦手だった勉強も頑張り、指定校推薦をもらうことができました。大学に進学できることはもちろんですが、もう一度夢を持てたこと、帝塚山大学に出会えたことは、間違いなく電通高に入学したおかげです。

進学コース Y.Kさん

帝塚山大学 現代生活学部 居住空間デザイン学科 合格

「高大連携」をきっかけに進路を考え、
心理学科のある大学を志望しました。

僕がこの電通高に入った理由は、家から近かったからです。そんな理由で入学したので、1年生の頃は目的もなく毎日を送っていました。2年生に進級すると高大連携という授業がありました。その授業がきっかけになり、初めて自分の進路について真剣に考え始めました。とはいってもすぐに行きたい大学が見つかったわけではなく、勉強に身が入ることはありませんでした。それでも高校生活を送る中で、人の心の動きについて学びたいとの思いが自分の中にあることに気づき、心理学科のある大学に志望校を決めました。志望校が決まると自然と勉強にも身が入り、成績も向上し、希望を叶えることができました。
皆さんも今は自分が何をやりたいかわからないと思いますが、電通高は進路について真剣に考える機会を与えてくれる高校です。

進学コース Y.Kさん

追手門学院大学 心理学部 心理学科 合格

健康スポーツコース

スポーツや体の仕組みをより深く学ぶため、
体育系の大学を志望することに。

健康スポーツコースは進学コースとは違い、特別な授業があります。野外活動では普段できないアルティメットをしたり、コナミスポーツジムで水泳実習をします。そのほかにも、スポーツⅡでは体中の筋肉の名前や骨の構造などを学びました。また、所属していたバスケットボール部では技術力の向上はもちろんですが、挨拶や言葉遣いなどの礼儀の大切さ、仲間の大切さを学びました。
私は高校3年間でさまざまな体験をし、大学でもより一層スポーツや人の体の仕組みについて学びたいと思い体育系の大学に進学しました。電通高は、授業やクラブ活動を通じて大きく成長できる場所なので、ぜひ電通高に入学して高校3年間を充実させてください。

健康スポーツコース Y.Nさん

びわこ成蹊スポーツ大学 スポーツ学部 合格

理数コース

最後まで悩んだ志望大学選びも受験対策も、
先生方が親身になって支えてくれました。

私は、進路をギリギリまで決めることができませんでした。しかし、担任の先生や他の先生方が親身になって相談にのって下さり、進路も考えることができました。志望大学が決まった後も、その大学に合った受験指導を熱心にしていただき、合格することができました。
皆さんも、どんな些細なことでも不安なことがあれば、ぜひ先生方に相談してみてください。あなたの夢が叶うことを願っています。

理数コース Y.Kさん

同志社大学 理工学部 情報システムデザイン学科 合格
京都産業大学 コンピュータ理工学部 合格
大阪電気通信大学 医療福祉工学部 医療福祉工学科 合格

電子情報コース

大好きなコンピュータについて知識を深め、
志望大学にも合格。充実した3年間でした。

私が本校に入学した理由は、自分が好きなコンピュータについての授業や勉強をしたかったからです。私は本校で学んだことでコンピュータの知らなかったことを学ぶことができ、とても良かったと思っています。また高校生活では努力をすればきっと何かいいことが起きるんじゃないか?と日々考え、様々な場面で真面目に努力してきました。実際、努力したおかげで、無事志望大学に合格することもできました。その上、この3年間で私は色々な話ができる大切な友人もできました。改めて振り返ってみると、私は満足した高校生活を送れたもんだなと今は思います。

電子情報コース U.Tさん

同志社大学 理工学部 エネルギー機械工学科 合格
大阪工業大学 工学部 機械工学科 合格

医療電子コース

ラグビー部での勉強会で成績アップ。
人間的・精神的にも成長できる学校です。

私は工業系の勉強がしたくて電通高に入学しました。中学校の頃からラグビーをしていたので、高校でもラグビー部に入りました。部活に入った当初は、クラブが忙しくて勉強についていけないのではないかと思っていましたが、テスト前に勉強会を開いてしっかりと勉強したおかげで成績も向上し、クラブ活動も大変充実した高校生活でした。
この学校は、勉強のみならず人間的・精神的に成長できます。皆さんも頑張ってください。

医療電子コース K.Hさん

大阪電気通信大学 医療福祉工学部 理学療法学科 合格

デジタルゲーム開発コース

資格取得や同好会創設をアピールし、
立命館大学・関西大学の両方に合格。

私は中学生の時に工学系の勉強がしたいと考え、電通高を選びました。高校に入学してからは、自分の選択肢を広げるため、多くの専門的な資格試験に挑み、取得することで、ジュニアマイスター顕彰制度のゴールドの称号を得ることができました。2年生の時には、電子工作同好会の創設に関わりました。それらの活動をアピールすることで、立命館大学と関西大学の両方から合格をもらうことができました。
資格は大きく評価されます。皆さんも、ぜひ電通高でたくさんの資格の取得に挑戦してください。

デジタルゲーム開発コース T.Kさん

立命館大学 理工学部 電子情報工学科 合格
関西大学 システム理工学部 電気電子情報工学科 合格

  1. トップ
  2. 進学について
  3. 卒業生メッセージ